トップ 市民の皆様へ > 住宅防火対策
  市民の皆様へ
 
悪質な訪問販売にご用心 住宅防火対策 住宅用火災警報機義務化 老朽化した消化器について

住宅火災防火対策
大切なわが家を火災から守るために
毎年全国で約6万件の火災が発生しています。このうち、約6割を建物火災が占めており、建物火災のうち、住宅(一般住宅、併用住宅、共同住宅)火災の件数が約6割を占めています。また、火災による死者についても、住宅火災での死者が全体の約9割を占めており、中でも高齢者や乳幼児と言った、いわゆる災害弱者の割合が特に高く、全体の約6割を占めています。火災を防ぐためには、日頃からの予防対策がとても重要です。
◎備えよう!4つの守り 
1.火災を”出さない” 2.火災を”拡げない”
 
地震や誤って倒したときに、自動的に消火する「対震自動消火装置」、機器内部の温度が規定温度以上になったとき、自動的に消火する「過熱防止装置」、炎が露出してない「ファンヒーター装置」などがあります。   寝具・衣類などは、見た目や手触りが普通のものと変わりなく、肌に触れたり幼児がなめた場合の安全性もチェックされています。布団・シーツ等の寝具類のほかに、カーテン・じゅうたんなどがあります。
3.火災を”早く知る”   4.火災を”早く消す”
 
火災の際、熱または煙を感知し、警報音で知らせる設備です。火災を感知する機能と警報を発する機能が一体になったもののほかに、火災を感知する部分と、表示ランプや警報音で火災を知らせる部分が別々になったものがあります。また、ガス漏れ検知や、そのほかの機能を組み込むこともできます。   住宅火災に適した消火器として開発されたもので、簡単に操作できます。粉末消火器と強化液消火器があります。「天ぷら油火災」、「ストーブ火災」等、適応する火災の適応表示マークがついています。

その他、こんな事に気をつけましょう。

  (C)Copyright FUKUOKASHI SHOBOU SETSUBISHI-KAI 2006 All Lights reserved.