トップ 市民の皆様へ > 老朽化した消火器について
  市民の皆様へ
悪質な訪問販売にご用心 住宅防火対策 住宅用火災警報機義務化 老朽化した消化器について
老朽化した消火器について
 
老朽化した消火器の使用時における事故とは…

 消火器の使用時、安全ピンをはずし、消火レバーを握ることで本体内部にある加圧ガス容器が破れ、消火器内の圧力が上昇し、充てんされている粉末薬剤が噴出されます。この時、消火器内部は非常に高圧な状態となります。老朽化した消火器では、サビ・キズ・腐食等により本体の強度がなくなり、そのため高圧状態となった時に、破裂する危険性があります。

 
このような状態の消火器は、破裂の恐れがあります。
  @ 製造後8年以上経過している。(消火器交換の目安は約8年です)
 A キャップ(首の部分)や底部がさびついている。(事故の多くはさびによる腐食が原因です)
 B 本体にへこみや変形がある。
 
あばた状の腐食 本体の変形キズ 層状剥離の腐食  
溶接部とその周辺の腐食

ホースのヒビ割れ

 
消火器を設置してはならない場所
  @ 台所や湯沸室など湿気の多い場所(さびが発生しやすくなります)
 A 直射日光のあたる場所(容器の酸化を進めます)
 B 建物の外部(外に設置する場合は、専用ボックスに収納しましょう)
 C 温度変化の大きい場所(腐蝕を早める場合があります)
 
消火器はリサイクルされています。
 現在、不用になった消火器は、その容器及び消火薬剤のほとんどがリサイクルできるようになり、環境対策に対応した製品(エコマーク付き消火器)として生まれかわっています。
 
消火器の廃棄について
 消火器の廃棄方法等については、(株)消火器リサイクル推進センターのホームページでご確認下さい 。
         ここをクリック →( http://www.ferpc.jp/

 

  (C)Copyright FUKUOKASHI SHOBOU SETSUBISHI-KAI 2006 All Lights reserved.